バナー原稿 468×60 (121030)imp

薄毛、抜毛がひどい場合、一体どうされますか?
また、どうされていますか?この場合、3つの選択肢があるかと思います。

1、皮膚科へ行く。
2、リーブ21など毛髪のお悩み解決系に行く。
3、育毛系のアイテム、シャンプーなどを購入し自分で対処する。

1の皮膚科は、ある意味で医者次第なところもあります。
名医で評判が高い医者ならいいですが、そうではない場合は悲惨です。
こっちとしては抜毛を何とかしたいし、薄毛を改善したいのにも関わらず淡々と治療です。
と言いながら、一向によくならない場合も多いです。
挙句の果てには、遺伝の薄毛なんじゃないかな。
それなら仕方がないですね。と勝手に判断されて、ダメ出しをされたりなどします。

2のお悩み解決系は、とにかく高く付きます。
そして、長い期間に渡ります。髪の毛のために生きていくようなもんです。
髪がフサフサになればいいですが、そうではない結論に至る人が跡を絶ちません。
こういう場合は、どうしようもないケースがあります。

3は、自分で何とかしてみる系ですよね。
実際、ここのフィールドで踏ん張っている人が多いのだと思います。
1と2に比べると年間10万円とか20万円で済んでいる人が多いみたいですね。

ある意味で、この3にあたる自己解決系が現実的なのかも知れません。
ただ、この自分でかいけつする系に関しては、正しい知識を持ちあわせていないとヤバイです。
髪に良いと思っていて、逆のことをしていることがあったらそれこそ目も当てられません。

そうならないように、正しい知識を備えて対処するようにしましょう。




髪の毛が薄くなっている、抜毛がひどくなっている場合の対処とは?

髪の毛が抜けている時って、本当にゾッとしますよね。
シャンプーのあとで、排水口に貯まる量がいつよりも多かったり、
ブラッシングしたときにクシについている抜毛が異常に多かったりすると本当にびっくりしてしまいます。

『これはヤバイ。。。』、『何とかしないと』

でも、何とかすると言ってもすぐに何とかなる問題ではありません。
毎日のケアがとっても大切なんです。

冒頭申し上げた通り、『薄毛を自分で対処するには正しい知識』が必要となってきます。
もちろん、皮膚科に行ったり、髪の悩み解決系のサロンに行く事も重要な行動ではあります。

しかし、普段の生活の中であなた自身が髪の毛に対して
正しいケアをしていない限り、どれだけ髪にお金をかけても薄毛のまま、
もしくは、もっと髪の毛が抜けていってしまう可能性があるのです。

これは、考えるだけでも恐ろしいことではありませんか?
そうならないためにも、正しい知識を身につけてください。


髪の毛に対しての正しい知識とは?
ズバリ、ヘアケアに関する知識です。

結論から申します。
大きく言いますとやるべきことは、たった2つです。

『頭皮へのマッサージで血行を良くしましょう。』

『無添加シャンプーを使いましょう。』

薄毛への対処は、この2つだけでいいんです。


いろいろ耳にする話しがあります。
ですが、基本的にはこれだけでいいはずなんです。

でも、どうしても不安が先走りますし
抜けている髪の毛が明日にでも生える訳がありません。
だから、色々なものに飛びついてしまうのです。

当然、目の前の対処も必要になるときがあるでしょう。
でも、髪の毛というのは人間の身体なんです。

体裁を整えるためにある装飾品ではないんです。
ですから、時間をかけてじっくり対処するのが一番いいのです。
逆に言いますと、あるを境に突然ざっくり抜け落ちて薄毛になった訳ではないはずです。

だんだんと薄毛になっていったはずです。
(ただ、本当にたった1日とか3日とかで大量に抜け落ちている場合は別の話しですから、
皮膚科など病院へすぐに行って血液検査などをしてもらってくださいね。)

だんだんと、徐々になったものを一気にひっくり返そうなんてことは

『良い意味で諦めましょう!』

現実に向きあって、不安がらずに大丈夫だ。と言い聞かせて対処していきましょう。


バナー原稿 300×250 (130107)imp