トップページ > 女性特有の薄毛対策 >  発毛サプリ

発毛サプリ

発毛には、「ミノキシジル」と「フィナステリド」の併用が効果的
世の中の多くの男性の悩みの種が、M字ハゲや頭頂部ハゲのAGA(男性型脱毛症)です。
一般的な育毛剤やスカルプシャンプーだけではなかなか改善しないのが実態です。
現状では、AGAの治療に最も有効と思われる薬が「ミノキシジル」と「フィナステリド」です。
AGAの最大の原因となるのが、5αリダクターゼという酵素によって生成された強力な脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)です。
従って、発毛を促進させることは、5αリダクターゼの働きを抑制することと言っても過言ではありません。
ミノキシジルは毛根再生のために頭髪に「つける薬」で、血行促進・血管拡張の役目をします。
フィナステリドは5αリダクターゼの働きを抑制するため用の「飲む薬」です。
そのため、両者を併用することで相乗効果が生まれます。
ただし、どちらも治療薬なので、一般的な育毛商品としては販売されず、医薬品として販売されています。
ミノキシジルは当初、経口血圧降下剤として高血圧の治療に使われていましたが、 
副作用として多毛症が認められたことから、育毛剤として使用されるようになりました。
日本製では唯一「リアップ」のみがミノキシジル配合の育毛剤として販売されています。
フィナステリドは、前立腺肥大症や前立腺がんの治療用の薬ですが、患者の中に毛髪が濃くなるという薬効が出たことで、
育毛剤として開発されるようになりました。
「プロペシア」がフィナステリド含有薬として販売されています。

発毛剤の使用が必要な状態

薄毛の予防や改善のためにする方法として最も一般的に行われているのは、育毛剤の使用です。
現在では女性専用に開発された製品も販売されるようになっています。
育毛剤には大きく分類すると2種類に分けることができます。
抜け毛を防ぐことが目的となっている防御タイプの育毛剤と、発毛を促すことが目的となっている発毛剤とがあります。
初期の薄毛や将来的な予防として使用する場合には、防御タイプの育毛剤の使用が効果的であり、安全だと言えます。
自然治癒力によって自らに髪の毛を生やす力が強い時期であれば、脱毛を防ぐだけで毛髪の回復が期待できます。
中長期的に薄毛に悩んでいる場合には、毛髪を生やすことが目的となるので、発毛剤を使用することになります。
発毛剤の代表としてあげられることが多いのは、ミノキシジルという成分を含んだ発毛剤です。
ミノキシジルには強い発毛効果があることが知られており、アメリカでは既に20年以上も前から、ミノキシジルを含んだ育毛剤が販売されています。
ミノキシジルは毛髪のみならず体全体の毛を増やすことが知られています。
ミノキシジルを含んだ育毛剤を使用している最中に体毛が濃くなるという現象が起こった場合には、ミノキシジルの効果が現れているという証拠です。

このページのトップへ↑

国産の飲む発毛剤

薄毛を改善するために行われる方法として、育毛剤や発毛剤の使用が最も一般的に行われています。
育毛剤といえば、頭皮に塗るタイプの製品が一般的に知られていますが、
現在では飲む内服タイプの製品も登場するようになっています。

飲むタイプの発毛剤として注目を集めているのが、
前立腺肥大の治療薬として使用されていたフィナステリドという成分を含んだ製品です。

この育毛剤は、数年前に発表された医師による薄毛治療のガイドラインにおいても、
現在行われている薄毛治療の方法の中で、最も効果を期待出来るとされています。

フィナステリドはアメリカで開発された成分であり、この成分を含んだ育毛剤もアメリカで治療薬として使用されています。

一方で国内においても飲む発毛剤が製造されて販売されています。ハツモールという発毛剤です。
ハツモールは、天然の成分を含んだ内服の医薬品であり、国内の育毛剤専門のメーカーによって販売されています。

フィナステリドが男性ホルモンが原因となっている男性型脱毛の専門の治療薬であるのに対して、
ハツモールはストレス性の脱毛に対して有効な効果が期待できます。
薄毛になってしまう原因には個人差があるために、様々な角度からの治療が必要な場合があります。

このページのトップへ↑

バナー原稿 300×250 (130107)imp