トップページ > 女性特有の薄毛対策 >  女性特有の薄毛対策

女性特有の薄毛対策

女性特有の薄毛というものは、非常に目立つため気になるところだと思います。
これを改善するためには、ウィッグが一番手っ取り早いかと思いますが、なかなか手間がかかりますし
ヘアースタイルに制限が出てしまいます。

また、ウィッグであることが男性なら分からないですが
女性はすぐにわかりますので、少し恥ずかしい気持ちになりがちです。

やはり、自分の髪の毛でボリュームをつけられるのが一番幸せであると思います。
そこで、薄毛を改善するための方法として、いくつか紹介させていただきたく思っております。

1、頭皮のケアは欠かせない

2、食生活の見直し

3、生活スタイルの改善

この3つが今日からでもはじめることが出来る薄毛改善の第一歩になります。
これを1つずつ解説していきたいと思います。

1、頭皮のケアですが、
男性よりも女性の方が髪の毛が長く、手入れする機会が多いです。
ですが、頭皮のケアというものを疎かにしがちなのが女性です。
男性は、割りと頭皮ケアをおこなっている方は多いです。

頭皮というものは、髪の毛が生える大地のようなものになります。
ですから、根本的に頭皮の環境を整えてあげなければ質の良い髪の毛は生み出されません。
弱くて細い髪の毛では、髪にボリューム感を出すことは不可能になります。

頭皮環境というのは非常に重要なポイントになります。
ただ、単に頭皮の環境をよくしようとして出来るものではありません。

やはり、少し長い期間で見ながら徐々に改善していくというスタンスを持つことが大切になってきます。
焦ってしまって、かえって頭皮環境を悪化してしまう人が多いので注意が必要です。

で、具体的なケアについてですが、
『頭皮を指の平でマッサージする』ということだけで結構です。

爪を立てずに指の平というか、腹でやさしくマッサージすることで汚れを落とすことが出来て
頭皮に適度な刺激を与えることが出来ます。

そうすることで、汚れがなく血行の良い頭皮となります。
このマッサージの時は、お湯のみで行なってください。
シャンプーやリンスがありますと頭皮をキレイにし過ぎてしまう可能性があります。
あまりやり過ぎますと、頭皮が乾燥し切ってしまい炎症を起こす原因となります。
何事もバランスよく適度にやることが頭皮バランスを良く保つ秘訣となってきます。


次に、2、食生活の見直しについてですが、
これは、あまり脂っこいものばかり食べないようにしてください。
食べ物で脂っこいものばかりですと頭皮から脂質が出てくることがあります。
余計な脂が頭皮や毛穴に堆積してしまい皮膚が呼吸できない事態が発生してしまいます。

こうなってしまうと健康な髪の毛が育ちにくくなりますので、
常に健康な髪の毛を育てることを考えると、油物はできるだけ控えていただいて
生の野菜やサラダなどを摂取するようにしてください。

ちょっとしたことなのですが、こうした積み重ねが1年、2年と経過した時に大きな差となってきますので
できるだけ、食生活の見直しと改善を行うようにしてください。


最後、3、生活スタイルの改善ですが、
これは、単純に睡眠をよくとるようにすることになります。
人間は、睡眠中に新陳代謝をはかります。
当然、髪の毛もそうなりますので睡眠がうまく取れていない場合は、体のサイクル及び髪の毛の再生サイクルも乱れてしまいます。
そうなりますと、うまく髪の毛を再生できないばかりか、細くて弱々しい髪の毛しか生えてこない頭皮になってしまいます。
これでは、薄毛ばかりの髪の毛になってしまいますので、そうならないようにしっかりと睡眠を取るようにしなければなりません。

また、睡眠時間の目安ですが寝過ぎもよくありません。
個人差はあるかと思いますが、だいたい7時間から8時間が適度な睡眠時間であると言われています。
このあたりを目安に睡眠をとるようにしてください。

以上のように、3つのことを実施していけばおのずと薄毛は改善する方向へ向かっていきます。
ただ、これだけでは早々によくなるとは限りません。

この実践は、ベースとしてやっていくことは大前提ですが頭皮のケアに関しての様々なアイテムがあります。
それらを活用していくことで、より的確な効果を得られる可能性が高いです。

少しでも、改善につながるように実行していくことがとても大切になってきますので、
ぜひ、実行していってください。

防御系の発毛剤の効果

薄毛になっていく仕組みは、現在では概ね段階があることがわかっているようですが、
どのようにして発毛を確実に起こせるかについては、解明されてはいません。
脱毛の段階にしても例外があるために、短期間で病気でもないのに大量の頭髪が抜け落ちてしまい、
かなり若い段階で薄毛となってしまうケースも少なくはありません。

こういった状態の治療を行うための手段として育毛剤や養毛剤と呼ばれている製品があります。
養毛剤とは、将来的な予防のために使用する育毛剤と考えれば良いようです。

主に頭皮を健康な状態に保つということが目的となっています。
育毛剤はもう少し薄毛が進行した状態で使用する製品であり、効果や目的にも様々な内容があります。
髪の毛を実際に発毛させることが目的となっている育毛剤の事を発毛剤と呼んでいます。

発毛剤は、大きく分けると2種類に分類することができます。
髪の毛を新しく生やすことが目的となっている発毛剤と、抜け毛を減らすことを目的とした防御タイプの発毛剤です。
防御タイプの発毛剤は、ホルモンに関する働きをする成分が主体となっていることが特徴です。

男性ホルモンの脱毛作用を抑止することによって脱毛を防ぐ効果があるタイプと、
女性ホルモン作用を行い男性ホルモンの働きを抑止するというタイプの発毛剤があります。

これらの発毛剤によって、劇的な回復を遂げた外国人男性が、一部で大変な話題となっていました。

このページのトップへ↑

注目されだした発毛剤の成分

育毛剤の中で、髪の毛を生やすという事に重点を置いて開発された製品は、発毛剤と呼ばれます。
発毛剤の成分として最も有名なのが、ミノキシジルという血管拡張剤として開発された成分です。
日本皮膚学会によって行われた薄毛治療のガイドラインでもミノキシジルを含んだ育毛剤が、最も効果が期待できる方法として挙げられています。
ミノキシジルを含んだ発毛剤を使用したことによって、劇的に頭髪の状況が改善されたという報告も少なくはありません。

しかし発毛効果があるとされる成分は、ミノキシジルだけではありません。
大学の研究によって注目された成分として、天然ハーブの一種であるナツシロギクから抽出された
パルテノライドという成分に脱毛を抑える効果があることが発表されています。
パルテノライドは、天然のハーブが原料となっているために、ミノキシジルよりも摂取しやすいことが予想されます。

発毛が起こるメカニズムには判明していない部分が非常に多いために、様々な選択肢があったほうが良いので、
ミノキシジルを含んだ育毛剤を使用しても効果がなかった場合に、
次の選択肢としてパルテノライドの事を頭の片隅にでも置いておくほうが良いのかもしれません。
パルテノライドはサプリメントとして購入することが出来ます。
半年程度の使用によって産毛が増えて抜け毛が減ったということが報告されています。


このページのトップへ↑

バナー原稿 300×250 (130107)imp